ClariS7周年のタイミングで『irony -2017-』を配信、その意味は?

ClariS7周年のタイミングで『irony -2017-』を配信、その意味は?

はじめに、ClariSは今年(2017年10月20日)時点で7周年を迎えました。
ClariSのクララとカレン、そして何よりアリスにおめでとうと伝えたいです。

※声が届くかわかりませんが、Twitter上でつぶやかせて頂きました。
(いいねやリツイートして頂いた方へ、この場をお借りしてお礼申し上げます。)

ClariSのメジャーデビュー曲について

ClariSのデビュー曲が2010年9月10日にkzプロデュースの「irory」にてメジャーデビューが報道されました。
その後、記念すべく2010年10月20日に「irony」にてメジャーデビューしています。
「irony」は「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の主題歌で、ClariSはアニソンからメジャーデビューしたことになります。

当時はまだクララとアリスと共に活動していたClariS。
2014年5月26日に3rdアルバムである「PARTY TIME」が発売され、そのタイミングでアリスがClariSから引退することも発表されました。
(アリスは学業に専念するためという理由で脱退してます。)
アリスが引退すると発表があった日は、今でも忘れられることができません。

一時期、ClariSは解散したとばかり思っていましたが、2014年11月8日に発売された「リスアニ!vol.19」付録の音楽CD「Clear Sky」で新たにカレンが加わり新生ClariSが誕生しました。

クララとカレンで新生ClariSを新たにスタートさせ、そこからCDやPVの作成など数々の楽曲をリリースしてきました。
シングルで言うと「border」が新生ClariSの最初のシングルになりますが、「border」はLIVEではよく歌われる歌。
「Clear Sky」に次いで二人にとって特別な歌なのは確かかもしれませんね。

スポンサードリンク

「ironyー2017ー」をなぜこのタイミングで?

あれから7年の時を経て、なぜ「ironyー2017ー」をこのタイミングで配信を開始したのでしょうか?

ここからは私個人の想像の範疇ですが、興味のある方は読み進めて頂ければ幸いです。

もう一度書きますが先日、2017年10月20日を迎えClariSが誕生して7年目に突入しました。
Twitter上では、おめでとうのお祝いツイートで溢れていました。
公式Twitterでは20時に何かを公開するようなツイート。

そして待ちに待った20時。
「ironyー2017ー」リリックMV(Short Ver.)が公開されました。

動画の中では、パステルピンク・パステルグリーン、そしてブルーの3色の星たちがきらびやかに動く歌詞と共に彩りを添えていました。

ClariS 1st 日本武道館コンサートで見せた「武道館での特別なirony」DJ.kzさんに加え、嬉しいサプライズのアリスとの共演。
声と映像のみの出演でしたが、7年目のそして再び武道館と言う特別な場所この4人で見せるステージは特別な節目だったんだと思います。

武道館でのMCでは、クララがカレンに向けて感謝の言葉を告げ、カレンもクララに対して思いを話すことができ、アリスの代わりだったカレンが本当の意味でClariSの一員なった瞬間になったんだと思います。

武道館前のインタビューでも、

クララ 武道館という特別なステージでやるコンサートということで、今までのClariSの集大成と新たなスタートという気持ちを込めて、このテーマにしました(♡˙ᵕ˙♡)
カレン コンサート前は、ドキドキ感やミステリアス感を感じていただいて、コンサート後もどんなストーリーだったのか一瞬で思い出していただけるような、記憶に残るタイトルにしました(*∩ω∩)
引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/12552309/

上記のコメントを残していて、お二人とも武道館当日にあのような感謝の言葉が来るとは夢にも思わなかったことでしょう。
武道館と言う舞台の上で涙を流すその姿に、ファンは涙したそうです。

私の知り合いのClariSTさんも武道館LIVEまで「応援していいのかわからなかった」と話をしてくれて、その後「武道館での話を聞いて応援していいんだってわかった」と言う事を話して下さいました。

私が思うカレンの気持ちとしては「アリスの代わり」として頑張ってきたように思えていたので、武道館でのLIVEは本当の意味で再スタートを切れた良いステージだったと思っています。

カレンはClariS 1st 日本武道館コンサート前にリリースしたアルバム「Fairy Castle」に収録された「recall」は、初めてカレンが作詞を担当し、KARENと言う名前で作詞に名前が載っています。
またエロマンガ先生のOP曲シングルの「ヒトリゴト」のカップリング曲、「イロドリ」もKARENが作詞を担当しました。

また、「ClariS 2nd HALL CONCERT in パシフィコ横浜国立大ホール~さよならの先へ…はじまりのメロディ~」ではタップダンスを披露しています。
クララもソロで、しかもアカペラで始まる「君の夢を見よう」を歌い上げ、カレンが言っていた「チャレンジの秋」を2人でやってのけたとても印象に残るシーンでした。

その他にもアリス時代の楽曲を2017Ver.で収録し直したり、写真集に加え「ClariS 1st 日本武道館コンサート」のBlu-ray(ブルーレイ)も発売しています。
今年初めてファンクラブイベントも開催しました。

これらを見てみるとこの7年目を迎える2017年はClariSにとってとても大切な年だと言うことがわかります。

「ironyー2017ー」リリックMV(Short Ver.)は、「アリスと共に歩んできたClariSに感謝を、カレンが加わった新生ClariSを今後もよろしく」と言うようなメッセージが伝わってくるように思えました。
また、「ironyー2017ー」は、ファンと共に歩んできた大切な歌と言う事もあり、ClariSにもファンにも必要不可欠な存在になっているからこそ、このironyをこのタイミングで公開したのかなと思っています。

今年節目を迎えた新生ClariS、これからも応援していこうと思います。

「ironyー2017ー」の発売日は?新曲の発表と一緒?

今までの楽曲を2017verに収録し直して単独で発売されたことが無いため、新曲とともに発表される可能性が高いです。

アニメの曲を新たにと言う情報は入って来ていないため、オリジナル曲かな?なんて思っているところですが、
「ひらひら ひらら」が発表された時のシングル「SPRING TRACKS-春のうた-」では特にアニメの楽曲は入っていないですし、
アルバムの「Fairy Castle」では新曲の「水色クラゲ」に加え「このiは虚数」など新曲が新たに収録されています。

2017verの楽曲が増えてきているため、このタイミングで2017verのアルバムが出てもおかしくないかなとも思ってます。
発売日は今年中だと嬉しいですね。
遅くとも舞浜アンフィシアターの前にCDはリリースされる可能性が高いので、期待は膨らむばかりです。

最後になりましたが「ironyー2017ー」リリックMV(Short Ver.)をどうぞ!

次の単独LIVEは…、

「ClariS 3st HALL CONCERT in 舞浜アンフィシアター」
日付:2018年3月29日と30日の二日間。
場所:舞浜アンフィシアター
先行受付:ClariS Room会員の方のみ(10月25日まで)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)